万が一の時のために知っておきたいクレジットカードの現金化とカード会社からの確認行為について

- 万が一の時のために知っておきたいクレジットカードの現金化とカード会社からの確認行為について

万が一の時のために知っておきたいクレジットカードの現金化とカード会社からの確認行為について

クレジットカードの現金化を業者を介することで、スピーディーで手軽に利用ができます。
しかし、あまり頻繁に利用をしてしまうと「日常的な使用方法をしていないのでは」とカード会社側から警戒されてしまいます。

その結果、不当な利用方法であると判断されれば利用停止になる可能性もあるのです。
万が一、警戒されたときにはどのような対応をすべきなのでしょうか。
その対応方法をご紹介します。

カード会社はいきなり処分を下すことはない

いきなりカードが利用できなくなることは決してありません。
まず最初に、電話などで確認をとります。

カード会社から電話となると、現金化を説明しなくてはならないのでは?などと不安になり無視したくなるものです。

しかし、1回の電話を無視しても幾度もかかってくるでしょう。

結果として、無視をすることが悪種になってしまうわけです。
印象も悪くなりさらに疑われる可能性もありますので、電話には出るようにしてください。

内容ですが、厳しいことを言われたりとがめられることはないでしょう。
不正利用の可能性などを「確認」されるのみが大半です。

どのように答えるのがカード会社が安心してくれるのか

どのように答えるのがカード会社が安心してくれるのか

電話をとって確認をされることが分かったものの、どのように対応して良いのかわからないという声もあるかもしれません。

電話の内容は、普段の利用状況と極端に異な和れると「どのような目的で使用をしていたのか」などの質問が一般的。

この時は、無難な回答を選択するのがオススメ
以下、その代表的な例をご紹介します。

  • 友人や知人にプレゼントをしたため
  • お祝い事が重なったため

などです。
ここでのポイントは「決済時にどのような商品を購入したのか」です。
何を購入したのかを把握しておくことが大切
商品名にそった説明をしてください。

どのようなものを購入したのか忘れないように、スマートフォンのメモ機能などを活用して残しておくと安心です。
カード会社の中には「どのような商品を買いましたか?」と質問をするケースもあります。

アフターケアも忘れずに

無事、カード会社とのやり取りが終了したらまた業者を利用して現金を用立てよう。
と、すぐに思うのは好ましくありません。

疑われた後は、しばらくは利用は避けたほうが無難です。
電話で説明したから終わったと思うのではなく、念のため警戒をしておきましょう。

信用にキズをつけてしまうと、強制退会や新規カード作成・支払い料金一括請求ができないなど不便が生じてしまいます。

Tags: | Categories :日記

Copyright(C)2021 安全にクレジットカード現金化できるのは業者or個人?できるだけ安全に現金化を行う方法について All Rights Reserved.